3月 18 2015

サングラスのかけすぎに注意

Published by under 健康

春の日差しがまぶしく感じるなら、それは片頭痛の合図かもしれないのだといいます。

片頭痛にはサングラスが有効とのこと、片頭痛に効くサングラスを選ぶポイントは、光をさえぎること、視野を狭くすること、網膜の細胞を刺激しない色を選ぶこと、なのだそうです。

片頭痛に効果的なサングラスの色は、神経を刺激する青色よりこげ茶系がお勧め。

そして、ポイントはその色の濃さ、真っ黒のサングラスやダークすぎるこげ茶色は、白内障の可能性を上げてしまうというのです。

結果、片頭痛に効いて白内障に影響しない濃さのサングラスとは、どのくらいの濃さなのかというと、サングラスをかけて、うっすら目の形が分かるくらいの濃さが適当だと考えられているとのことです。

また、薄すぎると光の遮断効果は低下しますが、接客業など業務上色つきのメガネは困る、といった職場の場合なら、透明でブルーカットタイプのグラスを選ぶといいとのこと。

光の波長の中で青の波長をさえぎるだけでも、目の疲れ方は違ってくるそうです。

コメントは受け付けていません。

Next »