9月 20 2014

女医が実践する正しい便秘対策

Published by under 美容

女医が自らが実践する正しい便秘対策を教えていました。

女性に多いお悩みといえば便秘、その数は約7割に及ぶのだといいます。

腸内環境が乱れていると、カラダや外見にまで悪影響を及ぼしてしまい、腸内で悪玉菌が増え便通が悪くなるとことで、免疫力が低下してしまうとか。

さらに一説では、老廃物を溜め込むことで肌荒れを引き起こす原因にもなるといわれているそうです。

便秘の原因として、不規則な生活、偏った食習慣、運動不足のほかに、意外と知られていない要因がもう1つあり、それは加齢だと言っています。

乳幼児のときには体内に多くの割合を占める善玉菌が、成人するにつれて減少し、その結果悪玉菌が増えて、善玉菌の勢力が弱まってしまうのだというのです。

女医が実践する腸内メンテでは、オリゴ糖とヨーグルトを一緒に食べる、お水をこまめに飲む、便意がなくてもトイレへ行く習慣をつける、ウォーキングなどの適度な運動、食物繊維を摂る、といったことがあげられていました。

コメントは受け付けていません。

Next »